日本造形史西洋造形史

印象派

s20041024_3.jpg

1874年に写真家のナダールのアトリエの2階で開催された展示会に出品されていたモネの『印象、日の出』は未完成品だとして美術批評家から非難の嵐となった。

このモネの作品を美術批評家のルロア記者が「印象主義者たち」と捩ったのが印象派という名称のもととなったが、このグループに参加していたモネ、シスレー、ルノアール、バジールらはマネのアトリエなどで親交を結び『バティニョールの仲間たち』と呼ばれていた人々。

そして、第1回印象派展と呼ばれることになるナダールのアトリエでの「画家、彫刻家、版画家の協同組合」というぱっとしない展覧会に参加したのはモネ、ドガ、セザンヌ、シスレー、ピサロ、ルノアール、モリゾら。モネ達が自分達から印象派を名乗ったのは第3回の展覧会から。

印象派に共通して見られるのは、明るい色彩と浮世絵にヒントを得たデフォルメした大胆な構図、市民的な画題。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:23:57 (4472d)