南部家 盛岡藩

盛岡藩主である南部家のルーツはなんと東北からは遠く離れた山梨にある甲斐国南巨摩郡南部邑。加賀美次郎遠光と子の光行が源頼朝による奥州征伐に従った功によって糠部、岩手、閇伊、鹿角、津軽の糠部五郡を得たことが南部家が東北に根を下ろすきっかけとなった。但し、南部家が実際に東北の地に本拠地を移したのは鎌倉時代ではなく、室町時代に入ってから。本家が鎌倉幕府と命運を共にして滅んだ後、庶子家の波木井南部師行(八戸南部家)が南朝の北畠顕家に従って奥州入りしたのが始まりとされる。室町幕府が優勢になると八戸南部家に代わって三戸南部家が台頭。この三戸南部家が近世大名の南部家へと繋がっていく。家紋は「南部対鶴」。

10万石、外様 大広間、国主

歴代藩主

歴代藩主官位・通称出自
初代南部信直 Nobunao従四位下 大膳大夫南部政康の二男石川高信の子
2代南部利直 Toshinao従四位下 信濃守南部信直長子
3代南部重直 Shigenao従五位下 山城守南部利直三男
4代南部重信 Shigenobu従四位下 大膳大夫南部利直五男
5代南部行信 Yukinobu従四位下 信濃守南部重信三男
6代南部信恩 Nobuoki従五位下 備後守南部行信七男
7代南部利幹 Toshimoto従四位下 信濃守南部行信十一男
8代南部利視 Toshimi従四位下 大膳大夫南部信恩三男
9代南部利雄 Toshikatsu従四位下 大膳大夫南部利幹長子
10代南部利正 Toshimasa従四位下 大膳大夫南部利視十一男
11代南部利敬 Toshitaka従四位下 大膳大夫南部利正二男
(12代)南部利用 Toshimochi-中屋敷南部信丞長男
12代南部利用 Toshimochi従四位下 大膳大夫新屋敷南部信浄三男
13代南部利済 Toshitada従四位下 信濃守南部利謹長子
14代南部利義 Toshitomo従四位下 甲斐守南部利済長子
15代南部利剛 Toshihisa正三位下 美濃守 中将南部利済三男
16代南部利恭 Toshiyuki従五位下 甲斐守南部利剛長子


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:23:53 (3412d)