関東史南関東戦国大名家後北条氏

北条早雲

http://www.digistats.net/image/2009/08/sohun.gif
西暦和暦事蹟
1487長享元北条早雲が今川範満を斃し、今川氏親に今川家の家督を継承させる。
1491延徳3伊豆の足利茶々丸を討つ。
1497明応4小田原城主・大森藤頼を駆逐する。
1504永正元扇谷上杉朝良の要請により、今川氏親とともに武蔵立川原に山内上杉顕定を破る。
1505永正2扇谷上杉朝良と山内上杉顕定の両上杉家が和睦する。
1506永正34月:両上杉に支えられた古河公方足利政氏と、子の足利高基が争う。北条早雲は足利高基を支援。
9月:北条早雲が今川氏親に従って三河侵攻。三河侵攻は2年間に及び、この間、東三河はおろか西三河まで侵攻し松平長親と干戈を交えている。この侵攻によって、今橋一色の牧野、二連木の戸田、西郷の鵜殿、作手の奥平・段峯・長間などの東三河諸氏が今川方に属した。
1508永正510月:今川氏親の命によって、北条早雲が再び三河へ侵攻。
1510永正76月:越後に侵攻した山内上杉顕定が長尾為景によって敗死。山内上杉家の家督は子の憲房が継承。
7月:越後の長尾為景の要請によって、北条早雲が上田政盛とともに扇谷上杉朝良を攻める。
1512永正98月:北条早雲が岡崎城から三浦義同を駆逐し鎌倉に入る。
10月:鎌倉郊外に玉縄城の築城を始める。
1516永正137月:新井城を落とし三浦一族を滅ぼす。
1518永正159月:虎印判を定める。
1519永正168月:北条早雲が没する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:12:00 (4508d)