千葉県

伊能忠敬旧宅

http://www.digistats.net/image/2009/01/inou.jpg

現役を引退してから学び活躍したことで知られる伊能忠敬(1745-1818)は、1745(延享2)年に上総国山辺郡小関村に生まれた。現在の九十九里町に当たる。

17歳の時に小江戸佐原の醸造家伊能家の婿養子となった。その後、50歳で引退するまで醸造業を切り盛りした。伊能忠敬は、ここで人生を全うしても、村方後見を勤めるなどしていたから、そこそこのものだったであろう。

しかし、彼が輝いたのは、江戸で幕府天文方の高橋至時に弟子入りして学問の道に入ってから。55歳になると学んだことを生かして全国の測量を開始した。

足掛け17年間の測量旅行によって14巻からなる大日本沿海実測録を完成させた。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:23:02 (3472d)