福島県>二本松

二本松城

http://www.digistats.net/image/2010/03/mm2-2010-03-20T13_20_02-1.jpg

http://www.digistats.net/image/2010/03/2hon_1.jpg

ここが本丸址。実は丹羽家の菩提寺である大隣寺に立ち寄ってから、先に本丸へと足を運んだ。この本丸は室町時代の奥州管領・畠山氏の時代に築城されたもの。

会津を領した蒲生氏、加藤氏の時代に石垣造りの本格的な城郭として整備された。

http://www.digistats.net/image/2010/03/2hon_2.jpg

丹羽家初代二本松藩主・丹羽光重が入城に際して築造したというのが箕輪門。領内の箕輪村の山王寺山の御神木を用いたために箕輪門の名がある。本丸址も立派であったが、この箕輪門もまた素晴らしい。

歴代二本松城主

期間領主区別氏名
1441-1586年7月嘉吉年間-天正14畠山氏城主満泰 (満盛)
持重 政国
村国 家泰
義氏 義国
義継 義綱
1586年7月-1590年8月天正14-天正18伊達政宗城主片倉景綱
伊達成実
城代石母田景頼
大條宗綱
柴田宗義
1590年8月-1598年3月天正18-慶長3蒲生氏郷城代蒲生郷成
町野繁仍
町野幸和
1598年3月-1601年8月慶長3-慶長6上杉景勝城代秋山定綱
下條忠親
1601年8月-1627年1月慶長6-寛永4蒲生秀行
蒲生忠郷
城代梅原弥左衛門
本山安政
本山安行
外池良重
門屋助右衛門
門屋但馬守
1627年1月-2月寛永4幕府領在番酒井右近太夫
太田原晴清
1627年2月-1641年3月寛永4-寛永18加藤嘉明
明成
城主松下重綱
松下長綱
加藤明利
1641年3月-1643年5月寛永18-寛永20代官
1643年5月-8月寛永20幕府領在番相馬義胤
1643年8月-寛永20-丹羽城主歴代藩主


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-24 (水) 19:43:36 (3468d)