兵庫県

一遍上人廟所

http://www.digistats.net/image/2007_12/ippen.jpg

鎌倉時代に時宗を広めた一遍上人は1289(正応2)年に、現在の神戸市兵庫区の観音堂で生涯を終えた。墓所が築かれ、真光寺になったという。五輪塔は鎌倉時代後期から南北朝の時代のものとされる。中には一遍上人のものと考えられる遺骨が納められていることが確認されている。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:13:23 (3988d)