仏陀

オディロン・ルドン(1840-1916)による1906-07年の作品。オルセー美術館所蔵。バルビゾン派のカミーユ・コロー(1796-1875)、ロマン主義のウジェーヌ・ドラクロワ(1798-1863)から影響を受けて画風を確立。ルドンはナビ派からは「われらのマラルメ」と呼ばれ、シュルレアリズムの作家からは先駆者と見られた。ちなみに、マルラメとは象徴派の詩人でありロラン・バルト、ミシェル・フーコー、デリダにも影響を与えた人物。