裸婦と犬

ギュスターヴ・クールベ[Gustave Courbet,1819/06/10-1877/12/31]による1868年の作品。

ギュスターヴ・クールベ[Gustave Courbet]

1819年、旧ブルゴーニュ伯領[Comté de Bourgogne]に相当するフランシュ・コンテ[Franche-Comté]のオルナン[Ornans]に生を受けます。オルナンはフランス北東部の都市ブザンソン[Besançon]から南東へ約25kmの場所にあり塩の道「ルート・デュ・セル[Route du sel]」にあって栄えた土地として知られています。

代表作であり横幅7メートルの大作『オルナンの埋葬』は等身大の無名の村人を描いた作品。これを英雄などを描くジャンルであった歴史画として発表。さらに、パリ万博に出展しようとします。この企みは激しい批判を受け、パリ万博でも落選。このことが『レアリスム宣言』へと繋がり、写実派の誕生へと動いていきます。

1870年、普仏戦争のスダンの戦いでフランス皇帝ナポレオン3世がプロイセン王国軍の捕虜となる事態が発生。71年にはプロイセン王国軍がヴェルサイユに進軍しドイツ皇帝戴冠式を挙行。フランス臨時政府行政長官のティエール[Thiers,Louis Adolphe;1797-1877]は50億フランの賠償金支払いとアルザス・ロレーヌ[Alsace-Lorraine]地方の割譲によって講和を結びます。

この講和によってプロイセン王国軍がパリに入城するとパリ市民が蜂起。ティエールはパリからヴェルサイユに逃亡し、パリは革命派が掌握。3月にはコミューン議会選挙が実施され自治政府パリ・コミューンが誕生します。クールベはこのパリ・コミューンに美術委員会議長として参加します。

とことが、ヴェルサイユに亡命していたティエールはプロイセン王国軍の支援を受けて5月21日にパリに再入城。ペール=ラシェーズ墓地の戦いでパリ・コミューン軍を撃破。パリはティエール政権によって制圧されます。ティエール政権は「血の一週間」と呼ばれるパリ・コミューン派の逮捕・弾圧を行います。そして、第3共和政の諸台大統領[任1871-73]となりました。

クールベも逮捕され、1873年にはスイスへと亡命し、スイスで生涯を閉じました。

クールベが亡命した1873年には、王党派や極左共和派からの反発によって国民議会でティエール大統領が解任され、王党派のパトリス・ド・マクマオン伯爵[Patrice de Mac-Mahon,1808/07/13-1893/10/16]が大統領に就任した年でもあります。