@@



[[美と歴史博物館]]
*北方ルネサンス
アルプス山脈以北で15世紀から16世紀に興った自然主義的な美術様式。イタリア・ルネサンスと直接的な繋がりを持つわけではない。
しかし、ネーデルランドやドイツの画家達はイタリアに留学し多くを学んだ。
とはいえ、北方ルネサンスはイタリアのルネサンスとは違った歩みを辿った。
単なる古典の復活ではなく、正確な観察と自然主義に基づいた画風。それこそが、北方ルネサンスの特徴と言える。
-ロヒール・ファン・デル・ヴァイデン(1399-1464)
-デューラー(1471-1528)
-ボッシュ(1450-1516)
-ルーカス・クラーナハ(父)(1472-1553)
-バルドゥング・グリーン、ハンス(1484-1545)
-ハンス・ホルバイン(子)(1497-1543)
**北方マニエリスム
-ヤン・ホッサールト(1478-1532)
-ジャン・クルーエ(1485/90-1540/1)
-ヨアヒム・ウィテウァール(1566-1638)
**北方風景画
-ヨアヒム・パティニール(1480-1525)
-アルトドルファー・アルブレヒト(1480-1526)
-ピーテル・ブリューゲル (父)(1525-69)
-ヒリス・ファン・コーニンクスロー
-エサイアス・ファン・デ・ヴェルデ
-ヘルキューレス・セーヘルス
-[[ヘルキューレス・セーヘルス]]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS