@@


奴隷のいるオダリスク

http://www.digistats.net/image/2006_10/8_5.jpg

新古典派のアングル(Ingres;1780-1867)の1839年の作品。

退廃的な雰囲気が漂う。アングルは高貴で純粋な世界だけでなく、その対極にあるような世界も描いている。奴隷を配していること、女性が全てを手放して酔いしれているようであること、奴隷が楽器を奏でていること。

こうしたことが絡み合い、そこに赤く暗い背景が加わって気だるい感じが漂う。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-09 (土) 21:21:36 (3697d)