ロマン派

The Romantic Movement。近代絵画の始まりとして18世紀後半から19世紀にかけてヨーロッパにおいて台頭した。ドラクロワの他、ジェリコー、イギリスのターナー、カンスタブルが代表的。ギリシャ・ローマの美を手本とした新古典主義に対置する存在。規範的な美の表現を得意とした新古典派に対して、主観的な激情の表現を真骨頂とした。

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















濃い色の帽子を被った女性 バベルの塔 聖母子像 狂人達の船 アントワープ93歳老人の肖像 聖母子と聖アンナ