伝源義経首洗井戸

源 義経は1189(文治5)年に平泉で藤原泰衡に討たれ首が鎌倉に送られた。

首実検が行われた後、義経の首は腰越の海岸に捨てられてしまう。

その首が境川を逆流して、現在の藤沢市の白旗交差点の辺りに漂着したという。

この辺りの人々が義経の首を拾い上げて、この井戸で洗い清めたと伝えられている。

マンションと民家に囲まれたところに鎌倉時代からの空間が保存されているといった趣き。

首洗井戸は、この奥の本町公園の東の隅にある。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.