桶狭間山

尾張に侵攻した今川義元[1519-1560]が本陣を置いた場所。

桶狭間の戦いの当時は現在よりも8メートルほど高かったと伝わります。

織田信長は雷雨の中、今川軍の右翼に突撃。これを迎え撃った今川軍は桶狭間山の麓に当たる田楽坪に誘い込まれます。

今川義元は旗本約300騎に守られていたものの、織田軍の猛攻に耐え切れず旗本衆が手薄になった間隙を突かれます。

2014年11月24日訪問

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.