源為義

六条判官源為義の墓

京都の下京区朱雀裏畑町の権現寺の横にある六条判官源為義の墓.源為義は保元の乱で崇徳上皇方に与して敗れ,後白河天皇方に与した実子の義朝によって斬首されました.武士として覚悟があったとはいえ,なんと惨いことだろう.

この戦いで平 清盛も叔父の忠正を斬首しています.しかし,源氏の場合は親子.

源義朝は為義に廃嫡扱いを受けたために鎌倉に下り,関東武士団を束ねる基礎を作ったと言われます.親子関係は良好だった訳ではありません.しかし,保元の乱の戦後処理に際しては自身の論功行賞に代えて為義ら親族の助命を嘆願しています.

結局,これは受け入れられませんでした.このことが,平治の乱へと繋がっていくこととなります.

さて,源為義は七条朱雀で首を切られ,首実検の後,左京区北白川下池田町にあった北白河円覚寺に葬られました.それが明治45年に京都駅拡張に伴って移されました.

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.