応仁の乱勃発地

京都の上御霊社は応仁の乱の勃発地。

室町幕府管領畠山持国は一旦は甥の政長を跡取りと定めた。しかし、義就が生まれるや政長を追い出した。

そして、山名持豊が義就をバックアップし、管領職を政長から奪い、斯波義廉を就任させると軍を将軍邸に入れる。

これに細川勝元が反発し、畠山政長と斯波義敏を支援。政長はフライングで義就と上御霊社で軍事衝突の末に敗れる。その政長の反撃から歴史のターニングポイントとなる応仁の乱が始まった。

畠山氏系譜

斯波氏系譜

東西両軍の主要大名

東軍西軍
細川勝元山名宗全
畠山政長畠山義就
斯波義敏斯波義廉
京極持清一色義直
赤松政則土岐成頼
武田信賢大内政弘

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.