錦小路

丹波氏族.半家.子爵.富小路丸太町に拠った.

丹波長直が錦小路と称した.戦国時代,錦小路盛直[1493-1548]の代で断絶.しかし,庶流の錦小路頼豊は越前国小森庄[おもりのしょう]を領し小森を名乗り存続.頼豊の子・頼秀が錦小路に復す.その後,小森頼季が院宣により小森に復すが,船橋頼季の子で頼季の養子となった小森頼庸が錦小路家を再興.宝永4[1707]年に錦小路を称するようになる.

家紋はなど.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















目次     家紋     錦小路     外上     楠見     丹波     赤崎     柳館