岩村城

別名霧ヶ城。海抜721メートルにある将に山城というに相応しい岩村城。

この城は武田24将の一人秋山信友が城主を勤めたことで知られています。

信友は信虎の子の晴信の諏訪攻めの軍に近習衆として初陣を飾ります。その後、侍大将を皮切りに上伊那郡代・高遠城将、神之峰城の戦に勝利すると伊那郡代となり、信玄の西上作戦では美濃攻めの先陣を命じられました。

この時、織田信長の配下となっていた岩村城主・遠山景任は既に亡く、妻で信長の叔母に当たるおつやの方が信長の末子・御坊丸を養子として城を守っていました。秋山信友は奇策を用いて、おつやの方と結婚することで城を自分のものとします。

ところが、信玄が病死し設楽ヶ原で勝頼が敗北すると、岩村城は完全に敵中で孤立。末子・御坊丸を殺されたことを恨む織田信忠軍によって包囲され落城。信友とおつやの方は逆さ磔の刑に処されてしまいます。

その後、川尻鎮吉と森蘭丸、森長一、森忠政の森三代、田丸具忠と28年間で城主が3家で交代。田丸家は関が原の戦いで西軍に属したために改易。城主はそれ以降、松平氏2代、丹羽氏5代を経て、大給松平家7代をもって明治維新を迎えました。

2006年4月訪問。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.