国分館

千葉は市川市にある下総国分寺にある国分胤通の館の跡です。

国分胤通は源頼朝に鎌倉を本拠地とすることを勧めたことで知られる千葉常胤の子。千葉常胤は房総に逃れていた源頼朝に与力を求められた事を好機とし、平忠盛、重盛と婚姻関係で結びついていた下総国守藤原親盛とその子である千田親政と闘い(「結城浜の戦い」)討ち破り千葉氏の地位を固めた人物。

その子である胤通は下総国分寺のあった国分郷に住み国分と称し源範頼が率いる平家追討軍や源頼朝が率いる奥州討伐軍に参加。源氏三代の将軍にも仕えました。


国分胤通の墓。2012年5月訪問

その後、香取郡矢作郷に移り、更に、矢作郷に近い大戸郷を父の常胤から譲られています。

しかし、嫡子・国分二郎左衛門尉常通が国分寺領・香取社神領地頭職を承継し国分郷にあったと考えられています。

つまり、国分一族の本拠地が大戸郷に移った後にも国分の地に残った一族があったと考えられるわけです。

それ故に、下総国分寺に国分氏の祖である国分胤通の墓があるのでしょう。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.