村岡城

村岡良文は関東で新皇を名乗って京都の朝廷に叛旗を翻した平 将門と同時代の人。平高望の五男で平国香、良将の弟。平 将門の叔父に当たり、将門の叛乱に同情的だった人物として知られる。

平良文が鎮守府将軍として赴任し村岡五郎と名乗って本拠地としたとされている。

ただ、良文の子の平忠頼や忠通が熊谷に本拠を置いていたことからすると、熊谷の村岡(武蔵国大里郡村岡)のほうが有力とする説もある。

この説が正しいとすると、村岡城は武蔵国の村岡に本拠を置いた村岡良文の曾孫にあたる鎌倉権五郎景政かそれ以前の世代が、この地に進出し故地の名を進出地に付けたという可能性がある。

いづれにしても、周囲には「景政が産湯の井戸」があったほか、良文の墓があり、良文を祖と仰ぐ鎌倉党の本拠地だったことは確かなのだろう。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.