三崎城

三浦市役所のある辺りは城山と呼ばれる三崎城の址地。眼下には海を望む地に土塁や空堀を何重にも組み合わせたという古城は三浦氏の城であった。三浦氏の本拠地である新井城もすぐ近く。1518(永正15)年7月11日に北条早雲が新井城に三浦義同を討ち滅ぼすと三崎城も落城を余儀なくされた。三崎城に籠城していた三浦軍は海を隔てた城ヶ島に渡り北条軍と干戈を交えたと伝わる。しかし、組織的な抵抗は三浦義同の死によって終わった。

三崎城を手中にした後北条氏は、以降、豊臣秀吉によって小田原城が落城するまで三崎城を保持し続けた。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.