大須賀山砦

幕張は堂ノ山にある砦。堂ノ山という名前は、ここに大日堂が建っていたことによるといいます。大日堂は平成に入ってから老朽化のために取り壊されたとのこと。

その堂ノ山こと大須賀山に馬加康胤の首塚があります。大須賀山砦は馬加康胤の本拠地だった馬加城からも近い位置なので、ここは馬加城を守る砦だったと考えられます。

馬加康胤は関東管領上杉氏と対立して鎌倉から古河に移った鎌倉公方足利成氏に味方して、千葉宗家の千葉胤直・胤宣父子を滅ぼして、千葉宗家を乗っ取った人物。

室町幕府将軍足利義政は、千葉一族で美濃郡上郡の東常縁を房総に派遣して馬加康胤を討ち取ります。馬加康胤の首は京都東寺四塚に晒されたそうですが、家臣が盗み出し、大須賀砦に埋葬したと伝わります。

馬加の地に埋葬出来たのは、馬加康胤が討ち取られた後も、千葉家臣団の中に馬加派の勢力が多く馬加康胤の子を新しい千葉宗家として擁立したため、太田道灌に保護されていた本当の千葉宗家の一族は千葉に戻ることが出来ない状態であったことが背景としてあります。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.