三田氏館

谷保天満宮のすぐそばにあるお館。

谷保城とも言います。戦国時代の改修があまりされていない貴重なお館です。

小高くなったところには今もお住まいがあります。

周囲はご覧のように散策可能。

菅原道真の子の三郎道武が父に連座して配流され館を構えたとも言われます。  

しかし、「谷保郷土史」による三田貞盛の居城という説が有力です。

この三田氏は青梅が発祥の地で室町時代は山内上杉氏、北条氏、上杉謙信に仕えました。

上杉謙信が越後に戻った後も三田綱秀は北条氏照に与しなかったために青梅の三田一族は北条氏照に滅ぼされます。

少し複雑なのは配流された菅原道武が身を寄せたのが三田貞盛とも言われるところ。菅原道武の子孫の津戸為盛は鎌倉幕府将軍の源実朝に仕えて三田氏館に暮らしたとも。

こうなると、菅原道武が三田貞盛の婿になって館を受け継いだとも考えられます。

ちなみに、青梅の三田氏は平将門の子孫と称しました。青梅が平将門ゆかりの地になっている所以のひとつです。

青梅には暖かくなったら行こうと思います。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.