一宮館

神奈川は寒川は鎌倉幕府を創建した源頼朝を石橋山の合戦(1180年)で救った梶原景時が一之宮庄を所領し館を構えた場所です。

梶原景時は源頼朝の信頼を得て鎌倉幕府のダークな仕事を一手に引き受けます。

それが仇となって、源頼朝の死後に他の御家人から糾弾され鎌倉を追放。京都へと落ち延びる途中、駿河狐ヶ崎(静岡吉川)で主だった一族は討ち取られました。

一宮館には土塁や堀の痕跡が残されています。

館を守っていた少ない郎党は尾張へと身を隠したといいます。そして、伝承と僅かな痕跡だけが残されました。なお、後北条氏の家臣として、室町時代に武蔵国の馬込城に本拠を置いた梶原氏は鎌倉党梶原景時の末裔との伝承を持っています。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.