長尾城

大船駅の近くにあるお城です。

上杉謙信は関東管領上杉氏を継ぐまでは長尾氏でした。

そして、その長尾氏の発祥の地が鎌倉を望む台地にある長尾城です。

鎌倉党長尾氏は最初は源頼朝に敵対しますが許され三浦氏の家臣になります。しかし、鎌倉幕府執権北条家と三浦氏との戦いで長尾一族は鎌倉法華堂でほぼ全滅。

葛西時清の血をひく長尾景忠だけが助かり葛西氏の助命嘆願によって上杉氏の家臣として生き残ります。

ここから関東管領上杉氏の家宰として白井・総社長尾氏、足利長尾氏、越後長尾氏と繁栄していく長尾一族の歴史が始まりました。

諸家

鎌倉・足利長尾家長尾豊前守景廉の実弟新次郎(新五郎)景直を祖とする家。景直の曾孫景仲が白井長尾家を嗣ぎます。
犬懸長尾家長尾景直の子である満景を祖とする家。満景の子の長尾実景が満景の兄の景英の鎌倉長尾家を継いだことで鎌倉長尾家と一体となりました。
白井長尾家長尾景忠の子の清景を祖とする家。長尾家の本宗家とされます。
惣社長尾家長尾清景の弟の孫六忠房を祖とする家。惣社長尾家からは高津長尾家が分出します。
越後長尾家長尾景忠の弟あるいは従兄弟の景恒を祖とする家。
上田荘を本拠とする上田長尾家、古志郡蔵王堂・栖吉を本拠とする古志長尾家(=栖吉長尾家)、蒲原郡三条を本拠とする三条長尾家(=府中長尾家)の三家に分かれました。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.