鵜殿城

三重県はウミガメの町である紀宝町にあるお城です。

紀州徳川家の付家老のお城である丹鶴城とは熊野川を挟んで対岸にあります。

鵜殿氏は1341年に南朝方から足利方に転じます。そのために周囲の南朝方から猛攻撃を受けます。押し寄せる南朝方の軍勢を迎え撃ったのが鵜殿城です。

この戦いの後、足利氏が天下を統一し室町幕府は盤石になります。ところが、何故か鵜殿氏は、この地を離れて海を渡り三河へと移住しました。

下郷鵜殿氏とか上郷鵜殿氏として今の蒲郡辺りで勢力を誇った鵜殿氏はここが発祥の地になります。この鵜殿氏は松平一族と婚姻関係を結び十八松平の一つ鵜殿松平氏へと発展していきます。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.