筒井古城

伊賀上野城の横にある筒井順慶の子の定次が築城したお城です。

筒井氏と言えば大和の名門でありましたし、筒井定次は関ヶ原の戦いでも東軍として戦ったのですが、豊臣氏への内通を疑われて切腹させられました。

外様大名として生き残ることが如何に難しいか思い知らされます。

しかし、その後で伊賀に入った色白ぽっちゃり系の藤堂高虎は外様も外様であるにも関わらず、生涯に何度も主君を変え、織田信長にも豊臣秀吉にも徳川家康にも一目置かれ、生き残っています。

馬に乗れないほどのぽっちゃり系だったと言われていますが、築城の名手であった点が評価されたのかもしれません。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.