神戸城

鈴鹿にある伊勢平氏の関氏一族の神戸氏のお城です。

男らしい面構えの石垣です。

神戸氏は1568年に織田信長の侵攻を受け、信長の三男の信孝を養子として迎えて講和します。

こうして神戸氏を継いだ織田信孝が築いたのがこの石垣です。

当時は五重の天守閣があったと言われています。

神戸信孝は映画『清洲会議』では坂東巳之助が演じています。柴田勝家に担がれ、最期は知多半島で自刃しています。

その後、天守閣は桑名城に移されたと伝わります。

ここの場所は神戸高校の教師の方に案内して戴きました。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.